民泊新法180日ルール

久しぶりの更新となってしまいました。現在、多くのお問合せをいただいているのと新規物件の申込みが急増しておりご返信が遅くなってしまっています。

順次お戻しさせていただきます。お問合せをいただく際にはお問合せフォームより物件の詳細を記載いただけますとスムーズに進められますのでご協力いただければと思います。

現在、京都物件、東京物件の準備を進めております。

桜シーズンの3〜4月の公開に向けて隅々までチェックをしております。

さて本題に入りますが、先日大きなニュースが話題となりました。

以前より180日ルールが議論されていましたが、Airbnbより180日を超えた場合、システム上で非掲載の設定に行うことが発表のとなりました。

180日ルールについて

今後、以下このような情報が開示され新法が施行された場合に同社が提供できるシステムや支援策として行なっていくようです。

(1)自治体への匿名化データの提供

(2)宿泊数制限の管理システム

(3)ホスト登録のパススルー制度

(4)宿泊税の回収・代理納付

とても大きなニュースで今後も民泊について、法整備が進むことかと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 編集部より:この記事は   Minpak(民泊)公式ブログ   様の2017/2/24の投稿を転載させていただきました。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です