Airbnbって何?

そもそもAirbnbって何?

初めて聞かれた方やテレビで観たことはある。

こんな質問をたくさんいただきます。

Airbnbとは2008年にサンフランシスコで創業されたサービスで、

現在、190カ国、34,000以上の街で展開している、

個人間で部屋の貸し借り」を行うことができるサービスです。

ホスト(部屋を貸し出したい人)はAirbnb上に掲載(リスティング)を行って、

泊まりたいと思っているゲストとマッチングを行います。

一言でいうと「Amazonの宿泊版」と思って下さい。

*掲載(リスティング)イメージ

Airbnb リスティング

これまで旅行ではホテルに泊まることが一般的でしたが、

旅行の宿泊ニーズは人それぞれです。

例えば旅先で、ヴィラに泊まりたい、お城に泊まりたい、その国の自宅に泊まりたいなど、

新しい旅行のスタイルを確立しています。

日本では2013年ごろからサービスを開始しており、

訪日外国人旅行者が1,300万人を超えて、ピーク時はホテルが全室埋まってしまうことがあり、

Airbnbが積極的に活用されております。

私は以前、海外駐在した際にAirbnbのサービスを知り登録したものの、

使う機会がなく東京に帰ってから使い始めました。

Airbnbの面白いニュースで、この間、ブラジルワールドカップでは、

ホテルがどこも満室で予約を取ることが困難ため、Airbnbで利用されておりました。

ブラジルワールドカップのようなピーク時は、恐らく東京オリンピックでも予想されますね。

近年、東京など大都市では登録されているホスト(物件をAirbnbで公開されている方)も増え、

ゲスト(物件を探している旅行者)も非常に増加傾向しており、

Airbnbで運営しているMinpakのような代行サービスも出てきてます。

*東京物件掲載イメージ

airbnb 東京 リスティング

購入した物件を賃貸で家賃収入として得ることが当たり前でしたが、

現在、海外赴任や転勤などで自宅が空き家になっている、なかなか賃貸が決まらないなどお困りの方々が、

Airbnbで運用を行って家賃収入を得られている方もたくさんいます。

Minpakの物件でもそのようなオーナーの方がいらっしゃいます。

当然、賃貸で得られる家賃収入よりAirbnbの方が多くなります。

もちろん、外国人に部屋に数泊させることに抵抗がある方もいらっしゃいますが、

Airbnbを利用されている外国人は部屋のルールを守ってくれて、

大変綺麗に使っていただけています。

但し、綺麗に使っていただくためにはやはり「対面でゲストと会う」ことが非常に重要です。

部屋の鍵をポストで受け渡すとやはり会っていない方に比べ、

入室後のトラブルや宿泊後の評価が低い傾向にあります。

そのため、Minpakではオーナーの大事な物件を任せていただくので、

他代行サービスのように鍵の受け渡しはポストで行うようなことはせず、

実際に会って鍵を渡し、部屋のルールをしっかりと説明することが義務だと思ってます。

このようにAirbnbで悩まれている方は是非、Minpakにお問合せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です