Airbnbで収益を上げるコツ

Minpak(民泊)はGWも営業しています。

最近、Airbnbについてサイトや口コミで目にすることが増えてきました。

もう2〜3年すると今の物件数は3倍ぐらいになるのではと勝手に思ってます。

今回はオーナーが最も気になっている、

運用で収益を上げるコツをすこ〜しだけお話ししたいとおもいます。

お話しできる範囲で書きます。

収益を上げるコツその1「写真」

Airbnbでは専属のカメラマンが無料でお部屋の撮影を行っているぐらい重要と判断しているので、

当然ゲストが最も重要視している点といえます。

台所が散らかっていたり、部屋中に物があったりと生活感丸出しの写真ははやっぱり泊まりたくないですよね。

Airbnb専属カメラマンにゲストが泊まりたいと思わせる写真を撮ってもらうか、自分で納得いくまで撮影してベストなものを掲載して下さい。

日本を感じることができる物件にインテリアを統一されたりするのも、他物件との差別化になるかと。

収益を上げるコツその2「ロケーション」

宿泊実績がたくさんあり、レビュー高評価でスーパーホストの方は除いてMinpak(民泊)公式ブログをご覧になられている方は、Airbnbを代行してほしかったり、所有物件をどうしようかお困りの方かと思います。

同じ宿泊料金で同じような物件の場合、駅から徒歩15分と徒歩3分では重いスーツケースを引きずっての移動ですから大変です。駅から近いのが良いというわけではありませんが、

そこにレビューの質と周辺環境を掛け合わせて総合的に判断されていると思います。

もし物件購入で迷われているオーナーの方は、駅近を選ばれた方が宿泊数が増え収益に直結するかと思います。

収益を上げるコツその3「収容人数」

これって当たり前でしょ。と思われた方。他の物件を見ていると、当たり前が意外にできていないんです。

写真と同じぐらい、Minpak(民泊)では収容人数を重要視しています。例えば、今回の日本旅行、3人で泊まろうとしているゲストは、「エリア・日付・人数」で検索しますよね。

3人で泊まるところを探しているので、最大収容人数2名で設定していたホストは、ゲストに一度も見てもらえないまま他物件で予約されることになり、みすみす収益を下げてしまう結果となります。

もっと多くの情報を書きたいのですが、今回はすこ〜しだけ収益に直結するポイントのみ書いてみました。

皆様の参考になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください