世田谷区住宅宿泊事業(民泊)消防検査

先日、世田谷区の住宅宿泊事業(民泊)の物件で消防署による消防検査を実施しました。

住宅宿泊事業では「小規模用自動火災報知設備」の取り付けを行わなければなりません。

平米数によって取り付ける機器も異なりますのでご注意ください。

住宅宿泊事業小規模用自動火災報知設備

おおよそ1週間ほどで検査結果通知書が発行されます。

これから家具家電の設置やガイド作成、お部屋の写真撮影など細かな確認を行ってまいります。

住宅宿泊事業をご検討の方や管理業をお探しのオーナーはお気軽にお問い合わせください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください