京都物件の旅館業取得に向けて

12月に入りMinpak(民泊)では、京都物件の旅館業取得に向けて用途変更や改修工事を進めております。年明けから建築確認、消防署、保健所申請など順調に進めば来年2月上旬には完了する予定です!

スタッフの募集やリネンの保管、部屋のデザインなど細かなところも詰めていきたいと思います。

さて、民泊新法が2018年6月から施行されますが、各自治体の動きを見ているとどうも「民泊新法に上乗せ」するかたちで、営業日数180日どころか週末のみの営業など大変厳しい規制になってしまいそうです。

京都東京都千代田区は管理人常駐もしくは駆けつけできることなど、

他の自治体からリリースがでれば、その自治体も良さそうなので規制に盛り込もう的な動きになっています。

今後も民泊新法関連のニュースはウォッチしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です